泡沫の夢

14
10

沸かした風呂に入ろうと浴室へ行くと、バスソルトのような入浴剤の瓶詰めが置いてあり、瓶のラベルには『泡沫の夢』と書かれていた。
風呂好きの妻が買ってきたものだろう。妻はキャリアウーマンで、まだ仕事から帰ってこないので、先に入浴剤を試してみることにした。
雫のようにきらきらと輝く入浴剤を湯船に入れると、泡を作りながら溶けていった。
すると、シューベルトの子守歌が讃美歌のように浴槽の中から流れてきて、「眠れ、眠れ 母の胸に~♪」と聖母マリアのような優しい声が聴こえてきた。そして、そのまま夢心地になり寝入ってしまった。
夜遅くに帰宅した妻に浴室で起こされると、「新発売の入浴剤でゆっくりお湯に浸かろうと思ったのに」と叱られた。
どうも入浴剤をすべて使ってしまったようだ。
入浴剤の原料である「海の星」という母なる海の岩塩が弾け、水泡に帰する音が声の主だったらしい。
まさに儚い泡沫の夢の一時だったーー。
その他
公開:21/05/08 07:01
風呂 浴室 バスソルト 入浴剤 泡沫 湯船 水泡に帰する

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育つ。同志社大学経済学部卒業、慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年6月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。
2022年3月26日に日本近代文学館で行われた『ショートショート朗読ライブ』にて自作「寝溜め袋」「仕掛け絵本」「大輪の虹列車」が採用される。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容