ばたあさんのbetter

3
7

ばたあさんはワンダーメーカーという物語工房で働く職人さんで、いつも出来てほやほやのお話を届けてくれる。
「ばたあさんのお話は新鮮で生き生きしてるなぁ」
「搾りたての知恵で作ってるからね!」
出来立ての物語を捲るとフワッと懐かしくて甘い匂いがした。濃厚なことば遊びは、僕の心の温度に反応すると、なめらかに溶けてハートにじんわり染み込んでいく。
僕はハートワーカーという傷付いたハートを修復する工場で働いている。傷付いたハートにはばたあさんの物語が特効薬なんだ。楽しくてワクワクするだけじゃなく、ちょっぴり塩も効いていて、沁みて痛い時もあるけどジクジク膿んだ嫌な記憶を消毒してくれる。
「次はどんなお話?」
「今は自然を集めてるところなんだ」
「だから新作は水のお話なんだ!乾いたハートや澱んだハートに読ませいな」
「それはバターだね」
「?」
「betterだね」
ばたあさんは悪戯っ子みたいに笑った。
その他
公開:21/05/04 21:46
そるとばたあ生誕記念

むう( 地獄 )

人間界で書いたり読んだりしてる骸骨。白むうと黒むうがいます。読書、音楽、舞台、昆虫が好き。松尾スズキと大人計画を愛する。ショートショートマガジン『ベリショーズ 』編集。そるとばたあ@ことばの見習い人マネージャー。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容