妖精の標本

4
4

夢見がちな女子の間で、近頃妙な趣味が流行っているらしい。
その名もフェアリウム。ドライフラワーをオイルに浸して作る、ハーバリウムの妖精版だ。

雲のない満月の晩、窓辺にガラスの小瓶を置き、一晩月光を当てると妖精が捕れる。そいつを瓶に閉じ込め、飾って楽しむという代物だ。
昆虫の標本なら僕も作った事があるが、生きたまま瓶詰めにするとは残酷だ。専門店には、装飾用のパーツやフェアリーオイル、ドライ妖精なるものまで流通しており、自作のフェアリウムをSNSに投稿するのが最新のトレンドなのだとか。

悪趣味極まりないなと思いつつ、妖精がどんな姿をしているのか見たくなり、満月の晩、手近にあったジャムの空き瓶を、ベランダの窓に出しておいた。

――夜明け頃。
鈴を振る様な美しい声が、瓶の中から聞こえてくる。
妖精が歌っているのか?心持ち胸を躍らせながら瓶の中を覗く。

立派な羽を震わせた、鈴虫のオスが一匹。
ファンタジー
公開:21/07/26 16:27
月の音色 月の文学館 テーマ:ガラスの小瓶

創樹( 富山 )

創樹(もとき)と申します。
前職は花屋。現在は葬祭系の生花事業部に勤務の傍ら、物書き(もどき)をしております。
小石 創樹(こいわ もとき)名にて、AmazonでKindle書籍を出版中。ご興味をお持ちの方、よろしければ覗いてやって下さい。
https://amzn.to/32W8iRO

☆SSGと皆様のお陰で生まれた本たち
短編集『ショートショート・アソート』Ver.0~5
選集『花神の庭』
詩集『君に伝えたかったんだ。』

ベリーショートショートマガジン『ベリショーズ』
Light・Vol.6・Vol.7参加中

いつも本当に、ありがとうございます!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容