dream

6
1

彼女がまた来てくれた!
私は嬉しくて、つい足が弾む。

今日こそ私の思いが伝わるといいな。

そう願って、今日もまた彼女に本を渡す。
彼女が覚えていない一緒に過ごした私との思い出を…

彼女とは話すことはできない。
ここは夢の中だから。
話そうとすればすぐに醒めてしまうんだ。

今日は読んでくれている。
それだけでうれしい。
読んでくれない日もあったから。


…そろそろ夢から覚める時間だ。

最後に伝えなきゃ、ありがとうって。


私は拙い文字でシャッターに書く。
彼女と話せなくとも、これなら…!

あなたに届きますように。
その他
公開:21/07/22 04:17
更新:21/07/23 01:08

湖楠*

うみな と読みます。

思い付きで書いたものを投稿してます。
タイトルは考えずに書いてるので特に意味はないはずです。
タイトル付けるのうまくなりたい。あと作品作りも。

Twitter
https://twitter.com/m2_asx

ここでも書いてます
note
https://note.com/umina1043/
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容