砂浜に現れた例の紳士

18
9

病院へ見舞いに行く途中、列車の中で居眠りをしてしまった。
気がつくと俺は砂浜にいた。
空には真夏の太陽が燦々と輝いている。
遠くに白いワンピースを着た見覚えのある女性の後ろ姿が見えた。
「おーい!待ってくれ!」
俺が叫んでも彼女は振り向かずに歩き去って行く。
「待ってくれってば!」
彼女は止まらない。
突然、がしっと肩を掴まれて振り返ると、そこにはスーツ姿の紳士が立っていた。
「何ですか、あなたは」
男は俺の首根っこを掴んで持ち上げた。
「声が小さあああああい!!!」
俺は彼の声に吹き飛ばされた。
彼女の前にズサッと落ちる。
驚いた顔で彼女は俺を見つめた。
「頼む!行かないでくれ!君のことが好きなんだあああ!!!」
ありったけの声で叫んだ。
彼女の瞳から涙がつと流れた。

その後病院に着くと、彼女が微笑んでいた。
「夢の中で貴方の声が聞こえたの…」
小さく頷いて俺は彼女を抱きしめた。
恋愛
公開:21/07/19 09:41
例の紳士 gonsukeさん 「ある夏の日」 射谷友里さん 「砂の駅と卵売りの少女」 秋田柴子さん 「誰もいない砂浜で」 スーツ姿の男

水素カフェ( 東京 )

 

コメント是非お願いします!
小説家になるために文章の勉強をしています。
もし何か気が付いたことがあれば、どんなことでも教えて下さい。
よろしくお願いします。

------------

4/30 長編の第11話「学園長リーニャ とんでもねえ化物を召喚する」を投稿しました。
https://kakuyomu.jp/works/1177354055234036632
カクヨムオンリーの異世界ファンタジーです。

4/23 『木からおりれなくなった仔猫』を絵本にしました。(1000PV達成)
https://ehon.alphapolis.co.jp/content/detail/3348
登録なし、無料で読めます。
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容