誰もいない砂浜で

20
12

―しまった、寝過ごした。
慌てて次の駅で飛び降りた途端、俺は愕然とした。
そこはきらきらと輝くばかりの海だった。
誰もいない砂浜に女性が一人立っている。あの後ろ姿は…。
次第に足が早まる。だが二人の間は縮まらず、まるで走れば走るほど遠ざかるようだ。待ってくれ、待って…!
「危ない!」
我に返るとそこは元の駅だった。スーツ姿の男が俺の肩をがっちり掴んでいる。
「気をつけなさい。線路に落ちてしまうよ」
「す、すみません…でも…でも海が…」
男は首を傾げた。
「海?この辺に海はないよ。ああ、でもお盆の頃の海には気をつけないと。君はまだ呼ばれるには早いだろう?」
まだ早い…そうか。追いつけなかったのは、君の優しさだったのか。
「大丈夫、また会えるよ。それまで大事に想い出をしまっておきなさい」
小さな囁き声に、俺ははっと顔を上げた。
「…綺麗な海だったね」
そう言うと男は、初めてにこりと微笑んだ。
恋愛
公開:21/07/17 12:40
更新:21/07/17 12:40
gonsukeさん 「ある夏の日」 射谷友里さん 「砂の駅と卵売りの少女」 スーツ姿の男 #126

秋田柴子

ご覧頂きありがとうございます。
2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
・坊っちゃん文学賞3本、愛媛新聞SS終了
・地元のSSコンテスト書き終わったら、長編の準備始めます

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容