織姫様は我慢できない

24
9

「おそーいっっっ!」
年に一度の逢瀬だというのに、遅れてやって来た彦星に、織姫はすっかりおかんむり。
「ナニ考えてんのよ、あり得なくない!?」
「ごめんごめん、昨日洗っといた牛車がさ。よくよく考えたら牛の方にメシ食わせるの忘れてて。ほら、牛って消化に時間が…」
「信じらんなーいっ!そんなの普通昨日のうちにやっとくでしょ!?」
「うん、だからさ。今朝連絡したって、ちゃんと」
彦星は手にしたスマ星をかざした。
「は?来てないし」
織姫は懐から出した自分のスマ星を見たが、着信表示はない。
「えー、おかしいなあ。僕、ちゃんとメッセージ送ったよ。もちろん『星の光回線』で…」
その途端、織姫はものすごい形相で怒鳴った。
「アンタんとこからウチまで15光年あるんやで!昨日今日で届くわけあるか、ボケェ!!」
織姫の怒髪が天を衝いて破ったおかげで、世に言うブラックホールができたんだそうだ。
怖や怖や。
恋愛
公開:21/07/05 14:21
更新:21/07/29 13:49
七夕祭り ここでご参加頂いた作品は Twitterの方でも まとめてご紹介しております #124

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容