Ⅲ.伍章 今ニ至ル歴史 1/3

0
1

 隔離室の中。
 閉じ込められるハックは、過去に思いを馳せていた。
 世界を気ままに旅していた彼には、倭国に一人の友人がいた。
「今回はいつも以上に長かったな」
「ああ。気付いた時には世界の半分は巡っていたな」
「なのに土産はひとつも無しか?」
「土産話が山ほどある。それをゆっくり話そうと思ったんだがな」
「驚いたか」
「ここは本当に俺たちの故郷か?」
「ずっとここにいる俺にとってはな。お前は違うか?」
「大違いだ。俺はこんなこと認められそうにない」
「どうするんだ?出てくか?」
「…いや。一発ぐらい文句言ってやらなきゃ気がすまねえよ」
「やばいことはするなよ」
「大丈夫さ。俺を信じろ…」
 その様子を、扉の外から聞き耳を立てているバジルとペッパー。
「ずっと話してるな」
「話し方からして、相手はあの子たちじゃなさそうだな」
「誰なんだろう?」
「さぁな。とりあえず、姉さんには報告しよう」
SF
公開:21/06/10 23:32
SF 戦争 差別

Arujino( 東京都練馬区 )

まずは、こんにちは。

練馬区で活動中の趣味の絵描きです。

小説・脚本なども執筆してます。

【番号なし】 用語・設定解説

【Ⅰ】 連載作品『WonDer BroS』

【Ⅱ】 短編連作『Story Of Dri(P)Party』

【Ⅲ】 連載作品『根源悪の牧場』

【001~】 短篇集『short TaleS』
 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容