柴子のつぶやき①

28
14

ようやく第一稿が終わった。
予定より二週間も遅れたが、まあいい。
私はちらりとパソコンの画面を見やった。左下の数字に疲れた目が嫌でも吸い寄せられる。
…540枚…。
私は天を仰いだ。

なあ柴子。
今度の公募は上限400枚だったよな。
去年も送ったから判ってるよな。
なのにさ、何で540枚も書くんだよ。
…なに?普段SSGで鍛えてるから、文字数ぶった切るのは得意だ?
へえ、そうかよ。大きく出たな。
確かに庭師は木の剪定してなんぼだよ。
だけどな、でけえ木を切るのは庭師の仕事じゃねえんだよ。

どうも今年の『月から降りてきた物語』は口が悪い。そもそも君だって、会話の場面となるとぺらぺらぺらぺら話しまくって、気持ちよく枚数使うくせに。

こうして柴子と物語は、日々喧嘩…いえ喧々諤々の協議を続けるのでありました。
締切は三月末日。
さて今年は雪辱なるか、乞うご期待!

とっぴんぱらりのふう
その他
公開:21/03/03 14:59
更新:21/03/12 13:17
皆さま、ご無沙汰しております 途中経過 さてこれからどうしよう(笑) ずいぶん前の 『Moonstruck 』 シリーズの仲間 #110

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容