だから僕は、傘をささない

0
1

突然降ってきた雨を凌ぐ為、僕は神社の屋根の所まで駆け込んだ。

「ああ、急に降ってきた。ひどい雨だな」
「本当にね」
「えっ?」

僕は独り言を呟いただけなのに、誰かが返事をした。驚いて横を見ると、綺麗な顔立ちをした女の子が立っていた。なんだか気まずくなり、僕は何もかける言葉が見つからず、お互いに無言だった。横目で見る彼女は、とても神秘的に見えた。

雨が止んで僕は、神社を後にした。数日が経っても一緒に雨宿りをした彼女の顔がまだ頭に残っている。

今日の天気予報は、午後から雨。
僕は傘を持たず、家を出た。

また彼女に会えるのではないかと期待して。
恋愛
公開:21/03/02 11:27

富本アキユ( 日本 )

カクヨムにも小説を投稿してます。
Twitterは@book_Akiyu

・SSG投稿作品1000作品突破

・作詞を担当
https://youtu.be/uoQoi_B0NwA

・葉月のりこ様YouTubeチャンネル『ショートショート朗読ボックス』~ショートショートガーデンより~の動画内で江頭楓様より『睡眠旅人』を朗読して頂きました。

https://youtu.be/frouU2nCPYI

・魔法のiらんど大賞2021小説大賞。大人恋愛部門「彼女の作り方」が予選通過

〇サウンドノベルゲーム版作品(無料プレイ可)

ブラウン・シュガー
https://novelchan.novelsphere.jp/38739/

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容