想眼鏡

12
10

出版社に勤めている俺がショートショート作家のT先生の部屋を訪ねたときのことだ。
ちょうどT先生が熱心に双眼鏡を覗いていた。
「何をご覧になっているんですか?」
「創作のヒントになりそうなものを探しています」
「気晴らしに違うことをしていたら思わぬストーリーが閃いたりしますよね?」
「いえ、これは推敲するために必要な作業です。ショートショートは想像の世界ですから、想眼鏡が欠かせません」
「双眼鏡が欠かせない?」
「これは漢字で『想眼鏡』と書いて、自分が想像した世界を視覚的に見ることができるんですよ」
「え! 不思議な代物ですね」
「この想眼鏡は、もともと仙人の持ち物とされていて、中国は四川省の峨眉山を訪れた際に土産物屋で偶然見つけたんです。千里眼の機能も付いているんですよ」
「最初の質問に戻るんですが、今は何をご覧になっているんですか?」
「遥か遠い宇宙の果てを見ながら物思いに耽っています」
その他
公開:21/02/21 07:08
双眼鏡 創作 ストーリー 推敲 ショートショート 想像 仙人 峨眉山 千里眼 宇宙

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育ち、大学時代は京都(御所の近く)、大学院時代は湘南(海ではなく山側)で過ごす。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年06月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容