お猿のかごや

16
20

この歌が生まれてはや82年が経過して、猿君達も疲れたからちょっと休暇が欲しいと親方に申し入れた。
親方は、そうだなあ~、君たちも毎日長いこと、よ~頑張ってくれて有難うよ!ゆっくり休んでおくれ!

そこで猿君達は、いつもは小田原提灯をぶら下げて細道を山から山へと、
コン狐やポンポコ狸を載せて走ってばかりであったが、一度は話に聞いた事のある都会と言う所に行ってみようと、早速旅に出た。
初めて見る海にも驚きながら、バスや列車に乗りながらヤットコドッコイ都に着き、ビルやタワーの大きな建物や車の多い都会にびっくり、また人の多さにもたまげた。
暫くは物珍しさもあり大はしゃぎで嬉んでいたが、その内こんな所にはとても住めないや、やっぱりおらが山が一番だと急いで帰って来た。
また親方の元で、いつも通りのお猿のかごやをやっているが、
とても幸せだと言っている。エッサエッサ エッサホイサッサ オサルノカゴヤダ♪
ファンタジー
公開:21/02/20 11:42

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容