良薬は口に甘し

17
9

ある街に一風変わった病院が開院した。
「甘方医・佐藤大吉」と名乗るこの医師は、患者のあらゆる不調を何と菓子で治療するのである。
「ああ、ストレスですねえ。チョコレート出しときますから、一日数回摂って下さいね」
「これはひどい、忙しすぎてご自分のお時間が取れてないんですね。発酵バターマドレーヌ出しますんで、紅茶と一緒に食べるようにして下さい」
「一人暮らし9年?そろそろ故郷免疫が下がってくるんで、おはぎ食べるといいですよ」
そして隣にある調剤菓子局で菓子を処方してもらえるのだ。これがまた良く効くと、病院は瞬く間に大繁盛。
ところがある日、一人の女性を見るや医師はさっと蒼ざめた。
「残念ですが、これはもう手遅れです」
「先生そんな…毎晩眠れないし食欲もなくて…」
切々とした訴えに、医師は憐れむように答えた。
「2月14日までに来てくれてたらまだしも、今となってはもう草津の湯でも治らないねえ…」
その他
公開:21/03/25 13:51
更新:21/03/25 19:17
皆様、ご無沙汰しております 原稿もだいぶ片付いてきたので またお邪魔させて頂きます #112

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容