走光性人間

10
15

「あのひと、大きな声で言えないけれど陰気だよね?」
「きっと負の走光性人間よ」
「それって何なの?」
「蛾やハエのように光がある方へ近づくような行動は『正の走光性』、蚊やゴキブリのように光から遠ざかるような行動は『負の走光性』というんだけれど、あれと似た習性の人間のことよ」
「そうなの。それじゃあ、いつも陽気で明るいひとは正の走光性人間ってこと?」
「そうね。オーラやカリスマ性があって、きらきら輝いているひとも間違いないわ」
「陰のあるひとはどうかな?」
「表面に出てこない暗い面のあるひとのことだから、一概に負の走光性人間とは限らないわ。謎めいた雰囲気で隠れた魅力があったりするから」
「確かにそういわれてみれば」
「ただ、正の走光性人間のように見えても気をつけないといけないひとがいるわ。例えば、陰険な性格のひと。陰で悪口を言っていたり、陰で糸を引いていたりするわ」
「それは要注意人物ね」
その他
公開:20/12/04 20:00
陰気 走光性 ハエ ゴキブリ 習性 陽気

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育ち、大学時代は京都(御所の近く)、大学院時代は湘南(海ではなく山側)で過ごす。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年06月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容