裸んぼの雪だるま

10
4

今日が特別な一日になることを、幼い少年は目覚めるなり確信しました。

「雪だぁ!」

少年にとって生まれて初めての雪。
おっかさんはパジャマのまま出かけようとする少年の襟を掴んで戻し、ダウンを着せてマフラー、手袋、ニット帽もしてやります。

ポップコーンが弾けるように、少年は白銀の世界に飛び出していきました。

雪をかき集めて雪玉を二つ作り、大きい雪玉の上に小さい方を乗せました。
二つの小石を目に、Vの形をした枝を口に埋め込めば、雪だるまの完成です。
腕の代わりに二本の枝も挿してやりました。

「裸んぼの雪だるま。かわいそうだなぁ」

少年は身につけていたマフラーを雪だるまに巻き、手袋を枝に挿し、ニット帽を被せました。
すると……

「わぁ! どうして溶けちゃうの!?」

雪だるまは瞬く間に溶けていき、地面に小石とV字の笑顔だけが残りました。
少年の優しさは雪を溶かすほど温かかったのです。
ファンタジー
公開:21/02/06 22:46

明菜

美術ブロガー/ライターの明菜です。
ショートショートを読む楽しさを知り、自分でも作ってみようと思いました。
芥川龍之介の超短編と小川未明の童話が好き。
ツイッター⇒https://twitter.com/akina_art/

※エブリスタでバックアップを取っています。
https://estar.jp/users/481074844

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容