きらきらひかる

10
7

保健室のベットでわたしは溜息をついた。子どもでも大人でもあって、きっとこのまま何者にもなれないと悟ったのだ。
「ゆっくり休んでね。私職員室行ってくるから」
カーテンの隙間から養護教諭の先生が声をかけてくれた。わたしの仮病は見つからなかったらしい。
1限が始まり、体育の生徒が校庭に寄り集まってきた。それをぼんやりと見つめて過ごす。
1限が終われば、わたしのクラスの生徒がクラスメイトの噂を話しにくるだろう。そこでわたしの名前がでることはない。

靴を履かないで靴下も脱いで、そのまま保健室をでた。
裸足で廊下を走って外を目指すと、明かりが差してくるのが見えた。きらきらしていて、ひかっていた。
青春
公開:21/01/22 10:48
更新:21/01/22 12:05

とも( 神奈川 )


長く続けることを目標にしております。
久しぶりに読書も始めました。
名作海外文学、ファンタジー小説がお気に入りです。
今後ともよろしくお願いします。

https://mobile.twitter.com/0nVdSby29LQMzWo
(Twitter)

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容