12
7

吸い殻と灰で一杯になった缶を捨て、自販機で新しいのを買う。

頭がぼーっとする…何も考えられない…朝から働きっぱなしのうえに徹夜明けなら無理もないな…取り敢えずカーテンと窓を開けよう。

朝の風が心地よい。俺は缶の中の飲み物を一気に飲み干し、机の上に置いた。

ああ…朝日を眺めながらのトマトジュースは最高だ。頭もシャキッとしてきた。

そうして自分が吸血鬼だった事を思い出した時、灰になった体は風に舞い、空き缶の中に入った。
ファンタジー
公開:21/01/22 06:11
更新:21/01/22 07:31
ことば公園

くろせさんきち( 園山グラウンド )

諸君、私は400字が好きだ
諸君、私は400字が好きだ
諸君、私は400字が大好きだ

猫コンテスト入賞∶猫神様
ベルモニー節目コン入賞∶十代の潜水生活
空想競技2020入賞∶魔法使いの風船バレー
                ∶誰そ彼高跳

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容