留守番の条件

0
2

娘にせがまれ夫は動物園へと出かけた。私はお留守番だ。
偶には一人自由な時間を満喫したい。羽を思いっきり伸ばしたい。
「なら、これでランチでも食べてくるといいよ」と夫から昼食代も貰っている。
家を出る前に夫は掃除も洗濯も済ませている。やる事のない私は家で一人くつろいでいた。
服を脱ぎ、全裸で文字通り羽を伸ばしている。そう、私の背中には一対の翼が生えている。
真っ白い天使の羽?いいえ、真っ黒い悪魔の羽よ。
私は悪魔。夫の「僕と結婚して下さい!」という願いを叶えてあげた。
その見返りに私は夫の魂を頂いた。あの人の身も心も私のもの。だからあの人は私に尽くしてくれるの。
これは誰も知らない私の秘密。私が悪魔だって事は誰にも知られてはいけない。人前で翼は出せない。
秘密と言えばもう一つ。私は今、子悪魔たる娘にメロメロな夫に少しヤキモチを妬いている。
私の司る煩悩に子煩悩が含まれていたのは想定外だった。
公開:21/01/13 20:09

どんぐり三等兵

元・パンスト和尚。2019年7月9日。試しに名前変更。
元・魔法動物フィジカルパンダ。2020年3月21日。話の流れで名前変更。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容