修羅場ってるぜ、今の俺

2
2

「ねえ、そのおんな誰?」

背後から冷たい声が。

「え? あ、いやあ……」

俺は声の主を推測し、冷や汗をかいて何も答えられないままだ。

「あら、どちらさま? あなたのお知り合い?」

にこやかに俺に視線を向けながら、なぜか目が笑ってないままで、目の前の女が聞いてくる。

「え、あ、こいつは隣に住んでいる幼馴染ってやつだ」

「あら、そうなの。どうぞ座って。お茶でもいかが?」

俺の背後に笑顔を向け、目の前の女が俺の後ろの女に語りかける。

「じゃ、お言葉に甘えて。で、こいつは誰なの?」

俺の隣に座り、笑顔で再度尋ねてくる女。

「か、彼女は新しく引っ越してきて、さっき知り合ったばかりなんだ。話を聞いていたところさ」

そう答えながら俺は内心ビクビクだ。ここは保育園の中庭。転入してきた女の子とおままごとの最中である。

「ちっ! リア充、爆発しろ」

背後で独身先生の声が聞こえた。
恋愛
公開:21/01/13 12:34
405 おままごと 修羅場 女は怖い 優柔不断男 オオカミの自信作

武蔵の国のオオカミ( ツイッター、ここ、note、エブリスタ )

武蔵の国の辺境に棲息する“ひとでなし”のオオカミです。
古い作品でもどんどんコメントをください。批判的内容、誤字の指摘、間違いの訂正など、忌憚ないご意見をお待ちしてます(罵倒、罵詈雑言は勘弁な!)。
特定の作品に関してではなくても何かありましたら下記、
【掲示板がわり】
https://short-short.garden/S-uCTeiD
までどうぞ。

ツイッター
https://mobile.twitter.com/ookami1910
DM代わり
https://marshmallow-qa.com/ookami1910
「作品一覧」で「オオカミの自信作」で検索した結果にコメントあると絶頂します(笑)。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容