続・シンデレラは眠らない

28
13

「お婆さーんっ!何とかしてーっ!」
朝日の輝く道を踊り狂いながらシンデレラは大声で叫んだ。
「あ、忘れてた」
魔法使いが杖を振ると、ガラスの靴はようやく静かになった。
「もう…何よこれ…」
「だから覚悟はあるかって聞いただろ?」
シンデレラは息絶え絶えに魔法使いを睨んだ。
「ここまで聞いてないわ。インフォームド・コンセント徹底してよね」
「魔法なんてそんなもんさ。それでこれからどうするね」
シンデレラは肩をすくめた。
「私、ここを出て行くわ。お城にも行かない。街に出てダンサーとして生きていきたいの」
何事かと継母たちが外に出てきたその瞬間…
ヒュッ!ヒュンッ!
「ひいっ!」「ああっ!」
甲高い悲鳴が上がる。シンデレラが履いていたガラスの靴を継母たちめがけて投げつけたのだ。
「ありがと、お婆さん。じゃあね!」
魔法使いに明るく手を振ると、シンデレラは新たな夢を追っかけて、裸足で駆けていった。
ファンタジー
公開:20/10/23 12:14
更新:21/03/01 18:19
前作の続編 皆様から頂いたコメントを ヒントに書いてみました(笑) パロディ シンデレラ&赤い靴 おまけのサザエさん #92

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容