シンデレラは眠らない

34
16

「お婆さん、お願い。私もキラキラしたいの。舞踏会に行かせて!」
ぐいぐい迫るシンデレラに魔法使いは怯んだ。
「でも王子の目に留まるには、出会いの縁を結ぶ魔法のドレスと靴がいるんだよ」
「じゃあ貸してよ。魔法使いなんでしょ?」
「あ、ああ…ほんと最近の子ときたら…でもあんた、覚悟はあるのかい」
「勿論よ!」
魔法使いを急かし、シンデレラは美しいドレスとガラスの靴を身につけた。
「馬車…やだ、これサツマイモじゃない!」
「ハロウィンでカボチャがなくてね。文句言いなさんな。そのかわり魔法は12時過ぎても有効さ」

縁結びの魔法は強力だ。これぞ運命の相手とばかりに二人は踊り始めた。
やがて12時の鐘が鳴り響いたが、魔法が解けないガラスの靴は一向にステップを止めない。ついに王子は疲れ果てて床に倒れた。
「おい、王子が倒れたぞ!」
シンデレラは踊りながら怒鳴り返した。
「だって縁ドレスなのよ、これ!」
ファンタジー
公開:20/10/21 14:38
更新:20/11/18 19:05
縁コンテスト #6 シンデレラ 赤い靴 パロディ 縁ドレス=エンドレス ベタですみません(笑)#91

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容