神在月に、神は歌う

24
14

「昨今の婚姻率低下を受け、我々縁結びの神も何らかの対策を取る必要があると思われます。ご意見のある方は…」

ある一柱の神が手を挙げた。
「やはりもっと盛り上げるべきでしょう。運命の二人が出会った瞬間、神々総出で歌い踊る。我々は縁ターテイナーとして…」

すると女神がすらりと立ち上がった。
「縁結びは神聖なものですわ。生粋のユカリストとして、わたくしはとてもそのような狂態は許せません」

睨み合う二柱を取りなすように、別の神が立ち上がる。
「我々がどう繋ごうと、その縁を活かすも殺すも人間次第。それがエニシズムの原点です。それを忘れてはいけない。我々にできるのは『縁助』のみなのですから」
その言葉に、神々は互いに深く頷いた。
やがて誰からともなく歌声と手拍子がわき上がる。

〽︎縁は異なもの味なもの まずは繋いでみやしゃんせ…

神々の歌声は尽きることなく縁々と、全国津々浦々に広がっていった。
ファンタジー
公開:20/10/09 17:45
更新:20/10/09 20:14
一柱=神様の数え方 縁ターテイナー ユカリスト エニシズム ギャグにするつもりが やっぱ無理やった笑 縁コンテスト #2

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容