この広い世界に

34
21

冷たい…。何か冷たいものが落ちてきた。
—昨日までとても暖かくてふかふかだったのに。どうしてなの。どうしてこんなに暗くて寒いところに…お腹すいた…

「あ…何だこれ…」
待って。お願い、連れていって。みんな一緒に…
「ああ、他はだめだ…可哀想に冷たくなって…こいつだけか…」
ふわりと体が宙に浮く。

「何それ。え、拾ったの?」
「うん、ほら途中の雑木林のとこで。他にもいたけど雨に打たれてもう…」
「…そっか。じゃあまず…」

ああ、ここは明るくて暖かい。
いいの?ミルク飲んでいいの?
私…ここにいていいの?

「もう突然でびっくり」
「だってこいつ、すげえ必死に鳴くんだよ。雨の中よちよちついてきてさ」
「見込まれたんだね、きっと」
「いつもは通らない道なのにな。今日に限って何となくさ」
「へえ…でもご縁ってそういうものなのかもね」
すやすやと眠る小さな仔猫を見つめ、二人はそっと微笑んだ。
その他
公開:20/10/08 22:05
更新:20/10/09 22:29
捨てられた子猫が鳴きながら ついてくる動画を見てしまった 縁コンテスト #1

秋田柴子

お立ち寄り頂き、ありがとうございます。

2018年 創作を開始(東京新聞300文字小説)
2019年 11月よりSSGの庭師となる。
2020年 SSG・ベリショーズなどで活動の傍ら、SS・短編・長編の文学賞に応募。
初の長編『ころつけ亭へいらっしゃい』が、第二回日本おいしい小説大賞(小学館)の最終候補に。

ショートショートマガジン
『ベリショーズvol.5』
『ベリショーズライト』
に掲載させて頂いております。
Kindleにて無料配信中!ぜひご覧下さい。

東京新聞300文字小説  優秀賞1回 入選2回
SSG 空想競技コンテスト 入賞

https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容