22
15

彼と一緒に紅葉狩りにやってきた。
ゴンドラの中からは、赤や黄に染まった木々がよく見えた。
『実はさ、この山を赤く染めたのは僕なんだ』
また始まった。彼はよく、こうして変な嘘をつく。
「嘘はダメだよ」
『嘘じゃない』
「じゃあどうやって?」
『フツーに』
「魔法使いなの?」
『そ、そう、そんな感じ』
「ふーん」
そうこうしている間に、ゴンドラが頂上に着いた。
頂上は、360度見渡す限り色づいた木々に囲まれ、まるで秋の真ん中にいるようだった。
「わたし、この景色ひとりで見たかったな。嘘つく人は嫌いだもん」
もちろんこんなの本心じゃない。ただ、わたしも彼のことを茶化してみたかった。
『そっか。僕はこうして君と見れてよかったけど』
そう言って、彼はわたしの手をギュッと握った。
その瞬間、わたしの頬もほんのり赤らんだ。
「さっきの、やっぱり嘘」
この山を赤く染めたのは、ほんとうに彼なのかもしれない。
恋愛
公開:20/10/03 21:30

日常のソクラテス( 神奈川 )

19歳男子大学生です。
ショートショートの自由でちょっぴり不思議な世界観に惹かれ、自分も書いてみたいと思うようになりました!
主に恋愛、青春、ファンタジー、日常系を中心に書いています。
まだまだ勉強中です!ぜひコメントいただけたら嬉しいです!
空想競技コンテスト銅メダル『ピンポンダッシュ選手権』
空想競技コンテスト入賞  『ダメ人間コンテスト』
ツイッターはこちら↓
https://twitter.com/socratesla55

最近は少し長めのお話を書いているので更新少なめです^^

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容