カウンセリングを受ける木下君

20
7

木下君がカウンセリングルームにやって来た。
「失礼します」
「今日はどのような問題で?」
「実は僕…実は…」
「何でも話してみてください。大丈夫ですよ」
「実は僕…!」
「はい…」
木下君はごくりと唾を飲み込んだ。
「悩みが何もないんです!」
「はぁ」
「僕の心は何かおかしいんでしょうか?他のみんなは色んなことで悩んでいるのに…僕だけが!」
「どうでしょうねえ。ご自身ではどう思われますか」
「いえ、僕はおかしいと思いません。でも他の人からはどうなのかな。カウンセラーさんは僕をおかしいと思いますか」
「うーん、ちなみにそれで今何かお困りのことはありますか」
「いえ何も困ってません!」
「じゃあ…いいんじゃないですか?」
「本当ですか!何も悩まなくても?」
「いいと思いますよ。だって無理に悩もうとして悩むなんて変じゃありませんか」
ぱーっと木下君の顔が明るくなった。
そして最後の悩みが消えた。
その他
公開:20/11/22 09:20
更新:20/11/22 09:22
木下君

水素カフェ( 東京 )

 

コメント是非お願いします!
小説家になるために文章の勉強をしています。
もし何か気が付いたことがあれば、どんなことでも教えて下さい。
よろしくお願いします。

------------

12月以降は主戦場を変えて活動する予定と宣言しておりましたが、実は全然準備ができておりません。
とりあえず「カクヨム」のアカウント登録だけでも今日中にやろうと思います。
でも、何を書けばいいのかわからない…。
何か書きます!
何か作らねば…!

 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容