贖罪≠免罪

5
3

 ベッドの上で、父は昏々と眠り続けていた。無理もない。これまでのことを考えれば、相当無理をして働いていたのだろう。

 父は、かつて、人を殺した。もちろん事故であり、過失であり、殺意など微塵もない。事故の後、奔放であった父は心を入れ替え、被害者の遺族に懸命に尽くした。裁判では自らの非を認め、給料のほとんどを慰謝料として払い続けた。請求額のすべてを払い終え、被害者の墓前に報告を終えた後――父は倒れた。

 被害者の遺族たちは父を称えた。『あの子もきっと許してくれる』
 私もそう思いながら、心優しい父を誇りに思った。

 が――私は見た。見てしまった。
 眠る父の腹の上に立つ、若い男の怨霊を…。男は憎しみと苦痛に顔を歪ませ、獣じみた声で唸った。

 ああ――そうか。贖罪なんて意味がないのだ。
 死者にとって、生者の贖罪など意味がない…殺された者に残るのは、"殺されたという事実"だけなのだ……。
ホラー
公開:20/11/22 00:59
贖罪

IiSees

ショートショート好き。
得意ジャンルはホラー。
座右の銘は『清く正しくいやらしく』。
好きな書籍は『悪魔の辞典』と『悪魔の寓話』。
制限400字という発想に感銘。
コメントとフォローはできるだけ返します。

楽天ブログにて『株式会社SEES』の名でショートショートと短編小説掲載中。
https://plaza.rakuten.co.jp/gomishi14/
よろしければ、ぜひ。そして、たまに呟きます。
https://twitter.com/IiSees

さて、今日はどんな事件が起きることやら……。



 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容