クリウニ

20
20

海女さんが水中を深く素潜りしていた。アワビやサザエ、ホタテのほかにウニなどの豊富な海の幸が獲れる。
最近、海の底では、棘を持った黒いウニに混じって、緑や黄緑、茶色のウニが数多く見られる。
不思議に思った海女さんが、それらのウニを捕まえて、陸にあがったときに中身を確認してみた。
包丁で切ってみると、ウニの中からクリに似た実が出てきた。浜辺で網焼きにして食べると、驚いたことに焼き栗のような味がした。
実は、海の近くに大学の水産研究所があり、遺伝子操作によって、外見がそっくりのウニとクリを掛け合わせ、クリに似たウニ、つまり「クリウニ」が出来上がったのだ。
水産研究所の養殖場でクリウニを飼育し、さまざまな生態系実験を行っていたところ、クリウニが海に流出され、瞬く間に分裂して異常繁殖したらしい。
クリウニは、秋の味覚としてたちまち人気となり、今や「海のミルク」がカキなら、「海のクリ」はクリウニだ。
その他
公開:20/11/01 07:03
海女 アワビ サザエ ホタテ ウニ クリ 浜辺 網焼き 焼き栗 水産研究所

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育ち、大学時代は京都(御所の近く)、大学院時代は湘南(海ではなく山側)で過ごす。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年06月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容