きっとあなたを待っている

30
22

頭に10円ハゲができた。
鏡で見て卒倒しそうになった私は、慌てて病院に駆け込んだ。
「あ、エンケイ脱毛症ですね」
うら若き乙女にそんなはっきり言わなくても…!
恨めしげに睨むと、医師はゆっくり首を振った。
「違う違う。『縁系脱毛症』です」
「…は?」
医師は重々しく言った。
「これはね、ご自分に繋がるご縁を大事にしていない人が発症するんです。ご家族とかご先祖様、はたまたお友達とかね。おうちで頭に手を当てて、よく考えてみて下さい。お大事に」

縁系脱毛症??
半信半疑で家に帰った私は、恐る恐るハゲた部分に手を当ててみた。
―最近、お墓参り行ってないな。
―早紀の誕生日、先週だったっけ。
驚いたことに祖母や友達の顔が次々と浮かんでくる。
―それから…

週末、私は電車に揺られていた。膝の上には母の好物のお煎餅。
頭に手をやると懐かしい顔が浮かぶ。
―憎き10円ハゲは、少しだけ小さくなっていた。
その他
公開:20/10/30 12:58
更新:20/11/14 19:13
縁コンテスト #7 ようやくギャグ路線終了(笑) この画像、ぴったりなんだけど 写真の女の人に申し訳ない(笑) #94

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容