ギャラクシー筆箱

20
17

クリスマスの夜、ぼくはサンタさんに、ロケット鉛筆のプレゼントをお願いした。
すると、翌朝、ギャラクシー筆箱というものが枕元に置いてあった。
中を開けてみる。
やった。まず出てきたのは、ロケット鉛筆だった。
まだ何か入っている。
スペースシャトル鉛筆だ。ロケット鉛筆によく似ているが、芯一本一本がすべてラメ入りだ。
まだまだ入っている。
スターダスト消しゴムだ。消しカスが星屑のようにピカピカと光る。
次は…レーダー定規だ。測りたい直線にこれをかざすと、一瞬にしてその長さがデジタルで表示される。
次は…オーロラ付箋だ。オーロラ色に光る付箋で、クラスの女の子に配れば人気者間違いなしだ。
次は…クレーターコンパスだ。綺麗な円だけでなく、楕円やクレーターのようなボコボコの円も描ける。
次は… あ、もう中は空っぽかな。
ぼくは筆箱を顔の前に近づける。
中を覗くと、無数の星々がキラキラと光り輝いていた。
青春
公開:20/08/27 20:04

日常のソクラテス( 神奈川 )

19歳男子大学生です。
ショートショートの自由でちょっぴり不思議な世界観に惹かれ、自分も書いてみたいと思うようになりました!
主に恋愛、青春、ファンタジー、日常系を中心に書いています。
まだまだ勉強中です!ぜひコメントいただけたら嬉しいです!
空想競技コンテスト銅メダル『ピンポンダッシュ選手権』
空想競技コンテスト入賞  『ダメ人間コンテスト』
ツイッターはこちら↓
https://twitter.com/socratesla55

最近は少し長めのお話を書いているので更新少なめです^^

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容