いま、ここにいる奇跡

20
15

ウチに赤紙が来たのは、泰明がまだお腹にいた時だった。でもお祖父さん、言い出せなくてね。こっちから聞いてやったんだ。あんた赤紙来ただろってね。そうしたら『判るか』だと。判るに決まってるさ、夫婦だから。
それで泰明が産まれたあと、中国に行っちゃったんだよ。それで死んでたら、あんたの母さんは産まれてなかったね。

お祖父さんは一旦帰ってきたけど、もう一度召集されてね。また中国に行ってる間に芳子が産まれたんだ。芳子は父親を知らないから、帰ってきた時『知らない男の人が来た』って怖くて泣きべそかいて。

大空襲の時は芳子を背負ってねんねこでくるんで、泰明の手を引っ張って炎の燃えてる中を逃げ回った。途中で泰明が『靴が脱げた』なんて言うから『そんなのいい!』って急いで逃げたさ。
お祖母ちゃん、ひとっつも忘れてないよ。
しーちゃんもよく覚えとくんだ。
戦争はね。怖いんだ。もう二度とやっちゃいかん。絶対に。
その他
公開:20/08/13 23:32
更新:21/08/10 17:00
メモリアル三部作 #1 子供の頃、祖母に聞いたお話

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容