オモイハセサボテン

4
5

彼は、街の小さな園芸屋であるものを買って帰ってきた。
「オモイハセサボテンっていうんだ」
「なにそれ」
「週に一回、愛する人に思いを馳せながら水をやるんだ。そうすると、サボテンに気持ちが伝わり、花を咲かせるらしい」
「ふーん」
その日から、二人でこのサボテンを育て始めた。

「もう出てって!」
私がそう言うと、彼は荷物をまとめてすぐに家を出て行った。
彼はオモイハセサボテンを家に置いていった。
捨てるわけにもいかず、私はこのサボテンを育て続けた。
毎週、水をあげながら、思い出したくもないはずの彼のことを考えていた。

すると、ある朝、サボテンが小さくて可愛い、ピンクの花を咲かせていた。
彼はもういないのに。
なんだか、目から水が溢れてきた。
こんな水。サボテンにもやれない、ほんとうにどうしようもない水だ。
頭の中でいくらそう唱えても、この水は、溢れては頬をつたって流れゆくばかりだった。
恋愛
公開:20/08/13 23:16

日常のソクラテス( 神奈川 )

19歳男子大学生です。
ショートショートの自由でちょっぴり不思議な世界観に惹かれ、自分も書いてみたいと思うようになりました!
主に恋愛、青春、ファンタジー、日常系を中心に書いています。
まだまだ勉強中です!ぜひコメントいただけたら嬉しいです!
空想競技コンテスト銅メダル『ピンポンダッシュ選手権』
空想競技コンテスト入賞  『ダメ人間コンテスト』
ツイッターはこちら↓
https://twitter.com/socratesla55

最近は少し長めのお話を書いているので更新少なめです^^

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容