ママには内緒のハンモック

8
5

「ねえ、ママー!家にハンモックほーしーいー!」
「だから買いません。どうせすぐ飽きて使わなくなるんだから。」

ぼくのハンモックに対する憧れは、ママには全く相手にされず、ぼくは縁側に座って泣きべそをかいていた。
あーあ、つまんない夏休み。
すると、家の中からぼくを呼ぶ優しい声が聞こえた。
振り返ると、やっぱりぼくのばあちゃんだった。
「スイカ、食べるね?」
ばあちゃんはぼくの隣に座り、縁側にスイカが乗ったお盆を置いた。
「ためしに庭に向かって、口でスイカの種を飛ばしてみな。」
言われたとおり、ぼくはスイカにかぶりつき、種を勢いよく、ぷぷっと飛ばした。
すると、みるみるうちに、庭に落ちた種から芽が出てはツルとなり、すくすくと伸びたツルたちはやがて複雑に絡み合い、目の前に緑の立派なハンモックができあがった。
「ママには内緒だよ。」
ばあちゃんがそう言うと、ぼくはサンダルを履いて庭に駆け出した。
青春
公開:20/08/08 21:58
更新:20/08/08 21:58

日常のソクラテス( 神奈川 )

19歳男子大学生です。
ショートショートの自由でちょっぴり不思議な世界観に惹かれ、自分も書いてみたいと思うようになりました!
主に恋愛、青春、ファンタジー、日常系を中心に書いています。
まだまだ勉強中です!ぜひコメントいただけたら嬉しいです!
空想競技コンテスト銅メダル『ピンポンダッシュ選手権』
空想競技コンテスト入賞  『ダメ人間コンテスト』
ツイッターはこちら↓
https://twitter.com/socratesla55

最近は少し長めのお話を書いているので更新少なめです^^

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容