うどん大学キャンパスライフ II

22
17

「何ですってえ!?」
きしめんの丼に立った白スジを見て、五島うどんは鼻で笑った。
「あら、聞こえなかった?その不格好な麺体でよく入れたわね。うどん大学よ?ここ」
「…!」
出汁を煮えたぎらせ、きしめんが鋭い平麺打ちをかまそうとした時だった。
「やめろ!」
二人の間に味噌煮込みが割って入る。
「異端同士お似合いね。ほんと超ダサいお土地柄」
そう言うや五島は湯気を立てて立ち去った。

「…だから構うなってば」
「だって先輩、平打ち麺が変だなんて!ほうとうちゃんだって可哀想。ヒラハラですよ、これ。いいわ、いつか私、世界で活躍してみせるんだから」
「…きーちゃんは昔っから気が強いからなあ」
生来おっとり型の味噌煮込みは苦笑した。

―のちに単身イタリアに渡ったきしめんが『日本のフェットチーネ』と呼ばれて一世を風靡し、同じく平打ちパスタのタリアテッレといい仲になるのは、まだ少し先のお話。ご馳走さま。
青春
公開:20/08/07 16:36
更新:21/05/15 17:38
うどん大学キャンパスライフ 続編 長崎県の方、すみません フェットチーネは タリアテッレよりやや幅広 ふじたごうらこさん 感謝です 麺体(めんてい)←造語

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容