二人乗りラジオ体操

8
9

20XX年、ラジオ体操は乗り物と化した。
公園にあるその乗り物は、アメ玉みたいに透明で、大きくてまあるい。
中のイスに座るとラジオ体操の曲が流れ、それを聴くだけで運動不足解消の効果がある。

ある朝、同級生のしんちゃんがあれに二人乗りしようと言い出した。
ぼくらはアメ玉に入り、一つのイスに詰めて座った。
すると、なんだろう。いつもとよく似た、でも少し違った曲が流れた。
もしかして。じいちゃんも実際には踊れないって言っていた、幻のラジオ体操第二だ。
これにはしんちゃんも気づいている様子だった。
曲を聴き終え、ぼくらはいつもみたいにおじちゃんにスタンプをもらいに行った。
しんちゃんが言った。
「おじちゃん、おれたち今日第二踊ったんだ!」
「そうかい。じゃあ今日は特別に。」
おじちゃんは、ぼくとしんちゃんのカードにスタンプを2つずつ押してくれた。
その瞬間、今日はなんだか良い一日になる気がした。
SF
公開:20/08/07 13:02
更新:20/08/07 14:01

日常のソクラテス( 神奈川 )

19歳男子大学生です。
ショートショートの自由でちょっぴり不思議な世界観に惹かれ、自分も書いてみたいと思うようになりました!
主に恋愛、青春、ファンタジー、日常系を中心に書いています。
まだまだ勉強中です!ぜひコメントいただけたら嬉しいです!
空想競技コンテスト銅メダル『ピンポンダッシュ選手権』
空想競技コンテスト入賞  『ダメ人間コンテスト』
ツイッターはこちら↓
https://twitter.com/socratesla55

最近は少し長めのお話を書いているので更新少なめです^^

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容