浦島三兄弟の悲劇

17
17

誰もが知っている昔ばなし『浦島太郎』が海中の竜宮城で出会ったのは乙姫。
帰郷後に乙姫から渡された玉手箱を開けてしまった浦島太郎は、白髪の老人に化した。
そもそも浦島太郎が乙姫と出会ったことが間違いだったのだ。
浦島太郎は、浦島次郎と浦島三郎との三兄弟で、浜辺の近くで仲良く両親と住んでいた。
乙姫は、甲姫と丙姫との三姉妹で、別の竜宮城に住んでいた。
長男の浦島太郎が次女の乙姫の亀を助けた日、次男の浦島次郎は三女の丙姫の亀を、三男の浦島三郎は長女の甲姫の亀を助けて、それぞれの竜宮城で饗応を受け、帰郷後に玉手箱を開けて老化した。
実は、長男の浦島太郎が長女の甲姫と、次男の浦島次郎が次女の乙姫と、三男の浦島三郎が三女の丙姫と出会っていたら、相性抜群で末永く幸せに竜宮城で暮らせていたのだ。
助けた三姉妹の亀を掛け違えたため、浦島三兄弟は姫たちとの相性が合わず、数奇な運命を辿ることになってしまった。
その他
公開:20/08/02 20:02
浦島太郎 竜宮城 乙姫 玉手箱 次郎 三郎 三兄弟 甲乙丙 三姉妹

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育ち、大学時代は京都(御所の近く)、大学院時代は湘南(海ではなく山側)で過ごす。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年06月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容