想いを紅に閉じ込めて

18
11

久しぶりにマニキュアを塗ってみる。
今はいろんな色があるけれど、特別な今日は古風な赤でと決めている。
やすりで爪の形を整えているうちに、様々な想いが絡み合って浮かんできた。
楽しかった…最初のうちは。マニキュアなんてしなくても、ごく自然にあなたは私の手を握ってくれた。
でもいつのまにか、あなたの気持ちは私から遠ざかる。どんなに綺麗にしても、どんなに笑いかけても、あなたはもう、私の手に触れることすらしなくなった。
嘆く私の耳に、他の誰かがいると後になって入る噂話。

…ああ、上手く塗れない。やっぱり久しぶりだからかしらと思いかけて気がついた。手先に脂がついていて、弾かれてしまうのだ。舌先で軽く舐めて、指の腹でそっと拭う。
―今度は大丈夫。私は安堵の笑みを浮かべた。
せっかくなんだもの、とびきり綺麗に仕上げたい。
私は傍に横たわる彼の身体から流れ出る紅を化粧筆に含ませ、そっと爪の上に走らせた。
恋愛
公開:20/07/31 08:16
更新:20/07/31 18:34
マニキュア ネイル なかなか手間がかかります

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容