ホッキョクバナナ

4
6

「見てくださいこのホッキョクバナナ!」
テレビショッピングでバナナ?ホッキョク?
「なんとこのバナナ、釘が打てるほどカチコチなんです!しかも!このバナナで釘を打って作った家具はひんやり!この夏にピッタリ!」
おれは妻の尻に敷かれ、中高生の娘2人にも相手にされない。
そんな状況を打開するチャンスだ。
すぐさま注文すると翌日に届いた。
早速、ホッキョクバナナで釘を打ち、イスやベッドなどのさまざまな家具を作った。
クーラーが必要なくなり、電気代が節約できると妻は喜び、娘たちもパパすごい!と見直してくれた。
家族のおれを見る目が変わったのだ。

しかし、そんなの一週間ともたなかった。
作った家具たちがバナナのように熟れて黒くなり、グニャグニャになったのだ。
「さっさとこんな家具捨ててきて!ほんとしょうもない!」
妻は怒っていた。

一瞬でも夢を見せてくれたホッキョクバナナ。悪くない買い物だったな。
その他
公開:20/07/31 17:34

日常のソクラテス( 神奈川 )

19歳男子大学生です。
ショートショートの自由でちょっぴり不思議な世界観に惹かれ、自分も書いてみたいと思うようになりました!
主に恋愛、青春、ファンタジー、日常系を中心に書いています。
まだまだ勉強中です!ぜひコメントいただけたら嬉しいです!
空想競技コンテスト銅メダル『ピンポンダッシュ選手権』
空想競技コンテスト入賞  『ダメ人間コンテスト』
ツイッターはこちら↓
https://twitter.com/socratesla55

最近は少し長めのお話を書いているので更新少なめです^^

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容