サメごっこ(つづき)

2
6

しかし、プールサイドにつく前に、ぼくは三人に追いつかれた。
「おい! 冗談はやめろって!」
ぼくはみんなに向かって口にしたが、もぐったままでだれも顔を出してくれない。それどころか、三人はぼくを取り囲み、背ビレを出してぐるぐると周りをまわりはじめた。
そして、三人がぼくに襲いかかってきたその瞬間だ。
ぼくの体はみるみるうちに大きくなり、地球上で一番大きいとされているシロナガスクジラに変身した。
ぼくはあっという間に三人を丸のみにしてから悠然と海深くもぐり――。

やがて、あたりは静かになった。
プールの水は、何事もなかったかのようにもとの透明な色になり、ぼくも人間の姿に戻っていた。ただ、三人とサメごっこをして追いかけられていたところまでしか記憶が残っていなかった。
いったい三人はどこにいったのだろう? ぼくは周りを見渡した。
その後、いくらプールを探しても三人を見つけることはできなかった。
ホラー
公開:20/07/26 07:00
『とってもふしぎな創作ドリル』 「ストーリー12 サメごっこ」 プールサイド 三人 背ビレ シロナガスクジラ プール 人間

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育ち、大学時代は京都(御所の近く)、大学院時代は湘南(海ではなく山側)で過ごす。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年06月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容