欲張り柴子のメシ願望

31
15

「あ、わらび餅」
ある日の夕食、妻が箸を止めた。
「…ほんとだ。珍しいな」
外からわらび餅を売る車の音が聞こえてくる。
「ねえ、ピザとか来ないかなあ!」
「は?」
妻の発言はいつも唐突だ。
「車で来て、注文があったらその場で生地のばして焼くの。こう、くるくるっと」
妙な手つきで指を回転させるその素っ頓狂な仕草は、もしかしてピザ職人のつもりだろうか。
「焼きたてだから、デリバリーより絶対いいよ。あとねえ…」
妻は他にもいろいろ挙げ始めた。餃子・唐揚げ・握り寿司…。確かに毎日ごはん作るのも大変だもんな。判るよ。
でもさ。
今、君が使ってる箸。それ、ここにあった取り箸なんだよね。いや俺は別にいいけど、外で人と食事する時は気をつけた方が…と思いつつ、俺はその言葉をメシと一緒に飲み込んだ。
今はその時じゃない。多分。
『わ~らび~~もち~~』
どことなく哀愁漂う売り声が、遠く風にのって流れていった。
その他
公開:20/09/14 11:42
ある日の秋田家の食卓 一部フィクションで お送りしております ご了承下さいませ(笑)

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容