かくれんぼ

0
2

子供の頃、私はかくれんぼが大好きだった。
私は隠れるのが凄く上手で今まで一度も見つけられ事がない。
隠れるのが上手過ぎて、何度も置いてけぼりにされた事がある。
そんな私を最後まで探してくれるのがマー君だ。彼だけは最後まで私を必死に探してくれる。
そんな彼も引っ越しでいなくなった。それもかくれんぼの最中に私を置いていなくなった。
その日から私はかくれんぼをやらなくなった。

隠れる事が上手な私はそれ以来、ひっそりと生きてきた。
一人きりの寂しい女。それを食い物にする悪い男に騙されかけた。
貯金を奪われる事はなかった。でも私のお腹は大きく膨らみ、一人でこの子を育てていく自信なんてなかった。
「もう…いいよね…」
そう呟いて自殺しようと思ったその時だ。
「まだだよ」
私の手を引いてくれた男性がいた。
「久しぶり」
「マー…君?」
「ずっと君を探していた」
彼は「見つけた」と言って私を抱きしめた。
恋愛
公開:20/06/19 19:32

どんぐり三等兵

元・パンスト和尚。2019年7月9日。試しに名前変更。
元・魔法動物フィジカルパンダ。2020年3月21日。話の流れで名前変更。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容