八月の向日葵

26
19

ああ、まただ。
君が僕の名前を呼ぶ声に、まわりの人が振り返る。でも君は構わず顔いっぱいで笑うんだ。八月の向日葵みたいに。

君は僕の手をつかんで尋ねる。
「ねえ、どこに行く?」
いつも僕は、どこでもいいよとしか言えなくて。
馬鹿だな。
何で君の喜びそうな場所のひとつも探さなかったのだろう。
一度だって、人が振り向くぐらいの大声で、君の名前を呼んだだろうか。
一度だって、君の手を自ら包んだだろうか。

「つまんない。私のこと、全然好きじゃないみたい」

そう言い残して、君は僕の前から消えた。
その時も、僕は何も言えなかった。
君が嫌なら仕方がない。そう思うことで逃げていた。
それは君からの最後のチャンスだったのに。
でも僕ときたら何の言葉も浮かばなくて。
ああ、ならばせめて手を伸ばして、君の手をしっかり握ればよかったのか。

遠い昔の夏。
今でも僕は思い出すんだ。
八月の向日葵を見るたびに。
恋愛
公開:20/06/12 19:08
言葉にするのは大切なこと

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容