クビキリ

16
13

雨上がりの日没、ギギ、、と金物の軋る様な聲が涌く。
暗灰に澱む雲を睨みながら、角の削れた石段を辿っていた。――つきん、踝に痛みが跳ね、屈んで裾をまくる。それは浅緑の螽斯(キリギリス)だった。

首切螽斯(クビキリギス)だと見当が付き、寸前で手を止めた。咬んだまま引っ張れば首が抜ける。苛立ちより嫌悪が勝ち、私は足を小刻みに蹴上げて、螽斯の退散を待った。

にたり。眼が嗤った気がした。
触覚が空を斬り、紅い顎から、じゅぐ、と嫌な音がした。肉に喰い込む肢が、翅の縁が錆びた色に染まる。
堪えきれずに払い除けた。刎ね上げた頭が――ゴドン。と重い響きで着地、石段を削って草藪へ転がり込んだ。

恐る恐る覗く。
苔に覆われた円い石が、振り向いて嗤った。
古い地蔵の首だった。
血塗れの歯がギギ、、と軋る。呼応する様に、草藪を聲が埋めた。
後退って躓き、尻餅を付いた石段は、横たわる首無し地蔵の群れだった。
ホラー
公開:20/07/13 15:41
更新:20/07/13 16:06
首切螽斯(クビキリギス) 俗称、血吸いバッタ

創樹( 富山 )

創樹(もとき)と申します。
前職は花屋。現在は葬祭系の生花事業部に勤務の傍ら、物書き(もどき)をしております。
小石 創樹(こいわ もとき)名にて、AmazonでKindle書籍を出版中。ご興味をお持ちの方、よろしければ覗いてやって下さい。
https://amzn.to/32W8iRO

☆SSGと皆様のお陰で生まれた本たち
短編集『ショートショート・アソート』Ver.0~5
選集『花神の庭』
詩集『君に伝えたかったんだ。』

ベリーショートショートマガジン『ベリショーズ』
Light・Vol.6・Vol.7参加中

いつも本当に、ありがとうございます!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容