白地図の猫-2

0
2

猫。だよね、どう見ても。
スマホを握ったまま、しばらく固まってた。
チョウの羽に黒猫の顔――模様じゃなくて本物だ。二つの耳は機嫌悪そうに伏せて、きらきら光る目が僕をにらんでる。
羽がまたフゥッ!てうなる。思わず一歩下がった。スマホごと手をポケットに隠す。羽のふちはギザギザとがって、まるで牙か爪だ。引っかかれた指がひりひりした。

開いてた羽が、あくびするみたいに閉じた。
「にゃ~おぅ~」
馬鹿にした感じの声。そう言えばこいつ、チェシャ猫の顔そっくりだ。ムカッときたけど、引っかかれるのは嫌だから、僕も手は出さず、羽の向こうの顔をにらみつけた。
猫チョウは足でうーんと伸びをすると、花の先っぽをひょいと飛び降りて、くるんと葉っぱにぶら下がった。顔だけのくせに動きが猫だ。触覚がひげみたいに跳ねた。
よぅし、こいつのチョウドウを最後まで追っ掛けて、宝物をあばいてやる!
ポケットのスマホを握り直した。
ファンタジー
公開:20/06/30 23:53
更新:20/07/02 18:59

創樹( 富山 )

創樹(もとき)と申します。
前職は花屋。現在は葬祭系の生花事業部に勤務の傍ら、物書き(もどき)をしております。
小石 創樹(こいわ もとき)名にて、AmazonでKindle書籍を出版中。ご興味をお持ちの方、よろしければ覗いてやって下さい。
htpps://www.amazon.co.jp/小石-創樹/e/B07H75YIG8

☆SSGと皆様のお陰で生まれた本たち
ショートショート・アソート
Ver.0~街角のキセキ(※無料お試し版)
Ver.1~フラワリング・ライフ
Ver.2~机上ファンタジア
Ver.3~リトル・リドル

選集
花神の庭

詩集
君に伝えたかったんだ。

いつも本当に、ありがとうございます!

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容