お城

2
2

僕は恐がりだ。
でも、試験に受かってお城に住めることになった。
今、僕たちのお城が悪い軍団に乗っ取られている。
僕は、師匠と一緒に行動している。

師匠が、

「ここでじっとしとけ!必ず帰ってくるから!」

と言って奥まで歩いていった。

しばらくすると、どんどん心細くなってきたので、言いつけを破って、師匠の行った方に
歩いた。
やっと師匠を見つけた。
でも、師匠は近くに隠れていた悪い軍団に捕まり、そして、僕の目の前で殺されてしまった。
もう、僕には何もできない……


「ごはんよ~」
「ちぇっ、面白いところだったのに。」

俺は読んでいた本を閉じ、ごはんを食べに行った。   
ファンタジー
公開:20/06/30 20:36

Tsubame

小学3年生です。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容