音庭の茶会

14
13

古刹の日本庭園に五月雨が降ってきた。
「カコーン!」
茶室前に設けられた鹿威しに雨水が溜まって竹筒が傾くと、手水鉢に吸い込まれていく。
耳を澄ましてごらん。
「コンコン、コンコン……」
「キンキン、キンキン……」
金管楽器のような音色が聴こえる。
さあ、水の妖精たちが地中の水琴窟で演奏を始めるよ。
「コローン、カラーン……」
「クォーン、キュピョーン……」
体鳴、膜鳴、弦鳴、気鳴、電鳴――さまざまな楽器があるけれど、アクアフォン(液鳴楽器)が雨中の音を奏でる。
そして、共鳴した音は増幅され、大地を伝わってゆく。もしかしたら、壮大な無限の空間に広がる宇宙の音かもしれない。
松籟(茶釜の湯が煮えたぎる音)とのハーモニーも格別だ。
茶室は小宇宙、幽玄の世界。凛とした空気が流れて茶聖、千利休の面影を感じる。
言霊のような魂が宿る音庭に響く旋律に合わせ、しばし俗世を離れて茶会を楽しもうじゃないか。
その他
公開:20/06/26 19:47
古刹 日本庭園 五月雨 茶室 鹿威し 手水鉢 金管楽器 水琴窟 共鳴 松籟

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育ち、大学時代は京都(御所の近く)、大学院時代は湘南(海ではなく山側)で過ごす。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年06月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容