おかえりの幸せ

10
7

 あの日から二週間が経った。
「ただいま」
「おかえりなさい」
 彼が家に帰ってくる瞬間、いつも嬉しくて顔が満面の笑みになってしまう。
「お腹すいたな」
「ご飯、温めるね」
 彼の笑顔が見たくて毎日頑張ってご飯を作ってきた。彼のお陰で手間のかかる料理でもひととおりは作れるようになった。
「ね、ハグしてよ」
 こんなおねだりもよくした。手を伸ばすと彼は私をいつも優しく抱き寄せてくれた。ユリカ大好きだよっていつも言ってくれた。
 バフッと荒い音をたててベッドに押し倒された。
「あっ、ダメだよ。ご飯は?」
「あとでいいや」
「もう、お腹すいてるって言ってたくせに」
「君、ユリカなんかより全然料理うまいよね」
「フフ、それはありがとう」
 二週間前に別れた後、盗聴器を仕掛けて初めて、彼が二股をかけていたことがわかった。お前ら地獄に落ちればいい。
 私は彼のベッドに仕掛けた起爆スイッチを押した。
恋愛
公開:20/06/25 08:27

深月凛音( 埼玉県 )

みづき りんねと読みます。
創作が大好きなアラフォー主婦です。ショートショート小説を書くのがとても楽しくて好き。色々なジャンルの作品を書いていきたいなと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
猫ショートショート入選『ミルク』
渋谷ショートショートコンテスト優秀賞『ハチ公、旅に出る』
ベルモニーPresentsショートショートコンテスト入賞『私の母は晴れ女』

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容