愛情測定ベンチ

8
10

昨日、彼女が他の男と歩いているのを見かけた。
「本当に僕のことが好きなのか?」
ずっと頭から離れない。

噂によると、この公園に愛情を測るベンチがあるという。
辛い結果になるかもしれないが、試してみよう。

まずは、相手を呼び出さないとお話にならない。
彼女にラインを送った。来てくれるだろうか。

「どうしたの、急に?」
まさか、目的を言うわけにはいかない。
「とにかく、座ろうよ」

二人で腰掛けると、かすかにベンチが光った。
「ソクテイチュウ」
手すりの液晶モニターが点滅する。

「カンリョウシマシタ」
座っているベンチが、じんわりと暖かくなった。
熱すぎることもなく、冷たすぎることもない。
これが彼女の心の温度なのか。

「疑ってごめん」
僕は本当のことを話した。

もたれかかってきた彼女の肩を、そっと抱き寄せる。
座っていられないほど、ベンチはアツアツだ。
恋愛
公開:20/06/24 02:04
更新:20/06/24 02:15
スクー 温度のあるベンチ

ロッサ( 大阪府 )

短い物書き。
皆さんの「面白かったよ!」が何よりも励みになります。誰かの心に届く作品を書いていきたいです。

54字の物語・更新情報はTwitterでチェック! ぜひ遊びに来てください。
https://twitter.com/leyenda_rosa

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容