なろう家族

28
24

「家族になりませんか」
駅のベンチで何本も電車を見送っていた私に初老の五郎はそう話しかけてきた。どうせ行くところも心配する人もいない。
五郎の家に転がり込み、共にご飯を食べ、時々家事をしたり、本を読んだり、他愛ない話をする。
「家族もっと欲しいな」
私と五郎は家族をスカウトすることにした。必要最低限のものをリュックに詰めて旅に出た。西へ東へ、南へ北へ。日本中に家族を作り、その家族たちは更なる家族を増やしていった。
「世界中に家族が欲しいな」
私たちは日本を出て世界を旅した。世界中に増えた家族が、更なる家族を増やしていった。
「人間以外の家族が欲しいな」
私たちは出会った犬や猫、鳥や虫を家族のように愛した。草や花や木、そよぐ風も真っ青な空もひんやり冷たい山の水を家族のように愛した。
気付くと世界は穏やかで平和で満ち足りていた。
私と五郎はこの星を家族だと思った。目を瞑ると宇宙が近くに見えた。
その他
公開:20/05/03 05:10

むう( 神奈川 )

好きなもの。音楽、本、漫画、映画、舞台。
昆虫。人体。中島らも。大人計画。松尾スズキ。EGO-WRAPPIN'。坂本慎太郎。椎名林檎。
白むうと黒むうがいます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容