ひとり飲みのつぶやき

29
20

―まあ当面はこれで何とかすっか。
俺は買ってきた酒とつまみを無造作にテーブルの上に投げ出した。味気ないことこの上ないが、今は仕方ない。

毎週金曜の夜に行きつけの店を回るのが、俺のささやかな楽しみだった。
だが昨今の事情とやらで、俺は職を失った。しがない非正規の身だ、真っ先にお払い箱さ。
いや、俺なんかまだマシな方だ。こんな状況じゃ仕事は見つからないけど、まあ今すぐ飢え死にするわけじゃない。

それより俺は馴染みの店が心配だよ。
みんな夜の街の灯りで食ってる奴らだ。その灯りが消えたら、すぐ干上がっちまう。
でもよ、俺も今は何ともしてやれない。
ごめんな。何とか堪えてくれ。何とかして生き延びてくれ。
落ち着いたら必ず行くから。
上客なんてのには程遠い俺だけど、できるだけ通わせてもらうから。

そう心の中で呟くと、俺はビールの缶を開けた。
静かな部屋で飲むビールは、いつもより少しだけ苦かった。
その他
公開:20/05/17 19:31
みんな大変 早く落ち着いてほしいですね

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容