知らないフリ

3
4

 僕は物心ついた頃から、怖いものが見えた。奴らに気づかれてはいけないと、何も見えないフリをずっと続けている。

 先生が黒板にチョークを走らせている。数学の授業だが、書かれているのは文字だらけ。どうも、授業の内容と板書が噛み合っていない気がした。板書された字を順番に目で追ってみる。

『やつらは字が読めないため、このまま筆記で授業をする。変幻(妖怪、幽霊、怪物の類)が見えているのは、君たちだけではない。全人類が見えている。皆、知らないフリをしているだけだ。
 君たちもそうしてきたはず。でなければ、この場にはいなかっただろう。
 これからも、知らないフリを続けなさい。気づかれてはいけない。
 そして、決して、言葉にしてはいけない。
 奴らは字が読めないが、言葉は理解するからだ。
 常に、聞かれていると思いなさい』

 チャイムが鳴った。
 僕を含め、誰も顔色一つ変えなかった。
ホラー
公開:20/02/29 20:00
更新:20/03/18 16:29

リウノコ( 温かくて浅い海 )

SFとミステリーが好きです
ちょこちょこ、気軽に書いていきます


『カクヨム』にも作品があるので、よかったら読んでくださいませ
https://kakuyomu.jp/users/riunoko
Twitter
https://twitter.com/riunoko7
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容